シズカゲルのメインの作用は美白ですが、保湿力はどのくらいなのでしょうか。

オールインワンということで、乾燥肌の方からすると若干保湿力に不安がある方もいらっしゃるかと思います

そこでここでは、シズカゲルの保湿成分を取り上げて、その効果に踏み込んでみました。

 

 

 

保湿成分の王道:セラミド

シズカゲルには、保湿成分としてはメジャーなセラミドが配合されています。

元々肌に存在している成分で、それを似せて酵母などから作られたものになります。

 

セラミドは別名『最強の保湿成分』とも言われていて、潤いを保つには欠かせません。

多くの化粧品に配合されている信頼できる成分なので、保湿効果にも期待ができるといえるでしょう。


健康な肌の場合、体の中から水分が溢れてくることで肌はずっと潤っています。

しかし、これは保湿成分であるセラミドがしっかりと水分を留めてくれているからこそできること

肌の潤いには、欠かせない成分です。


 

 

 

人の肌になじみやすいスクワラン

シズカゲルを代表するもう1つの保湿成分が、スクワランです。

この成分は人の皮脂にも含まれているので、肌なじみが良い事が特徴です

(スクワランは、サメの肝油、トウモロコシオイル、オリーブオイルなどから抽出される)

 

皮脂と言うと良いイメージがないかもしれませんが、適度な量であれば肌表面を覆って保湿の役割を果たしてくれています

スクワランはそれに近い働きをしてくれる、非常に頼もしい成分といえます。


『コラム』

肌が乾燥すると、皮脂の量が増えるといわれています。

これは、乾燥を防ぐために保湿の役目を果たす皮脂を大量に分泌し、少しでも水分を閉じ込めようとする反応です。

そしてそれがニキビや毛穴の開きなどの問題に関係してきます。

スクワランを与えてあげることで皮脂の作用を補うことができるので、『顔のテカリが減った』という声も多く残されています。

 

 

 

まとめ

2つの保湿成分をまとめると、

  • セラミド:角質に水分を留める
  • スクワラン:表面を覆い、水分を閉じ込める

この2つの作用があるといえます。

 

ただ保湿と言っても、色々な形式があるということですね。

シズカゲルは美白オールインワンですが、手厚い保湿ケアもしてくれそうです。

 

 

良ければ下記の記事も参考にしてください。

⇒シズカゲルのお得な定期と解約について